金正男氏殺害、インドネシア人被告を釈放 

起訴が取り下げられ、笑顔でマレーシアの裁判所を後にするシティ・アイシャ被告/MOHD RASFAN/AFP/Getty Images

起訴が取り下げられ、笑顔でマレーシアの裁判所を後にするシティ・アイシャ被告/MOHD RASFAN/AFP/Getty Images

マレーシア・シャーアラム(CNN) マレーシア検察は11日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件で殺人の罪に問われていたインドネシア人の被告に対する起訴を取り下げると発表した。同被告の弁護士によると本人はすでに釈放され、この後帰国の途に就く見通し。

インドネシア国籍のシティ・アイシャ被告とベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告は、 2017年2月にクアラルンプールの空港で、正男氏の顔に猛毒の神経剤「VX」をなすりつけて死亡させた罪に問われていた。

弁護団は2人の無罪を主張。北朝鮮にだまされてテレビのお笑い番組だと思い込まされ、液体は無害だと思っていたと訴えている。

アイシャ被告の弁護士によれば、検察は裁判中、起訴を取り下げた理由を明らかにしなかった。現地に駐在するインドネシア大使は裁判に同席し、起訴の取り下げを受けて裁判官とマレーシア政府に感謝の言葉を述べた。ただアイシャ被告の今後についての質問には回答を控えた。

もう1人のフォン被告の証言も同日に行われる予定。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]