ほら穴に監禁15年、強姦され続けた女性を救出 インドネシア

ほら穴に15年間監禁されていた28歳の女性が救出された/Indonesian National Police

ほら穴に15年間監禁されていた28歳の女性が救出された/Indonesian National Police

(CNN) インドネシア東部スラウェシ島のほら穴で、村の呪術師に15年間も監禁され、繰り返し強姦されていた女性が救出された。地元警察が8日までに発表した。

女性は28歳のHさん(仮名)。地元紙ジャカルタ・ポストによると、83歳の呪術師、ジャゴ容疑者に監禁されているという通報を受けた警察が同容疑者を拘束し、供述に基づいて5日に捜し出した。

警察によると、Hさんは13歳だった2003年、家族に連れられてジャゴ容疑者の治療を受けに訪れた。同容疑者は代替療法や「魔術」を使って病気を治すといわれていた。

ジャゴ容疑者はその後まもなく、Hさんが「遠く」へ旅立ったと家族に告げた。家族には行方が分からなかったため、行方不明者届が出された。

警察の調べによると、同容疑者はそれから15年間、Hさんに「アムリン」という名の精霊の写真を見せながら、魔術と称して強姦を繰り返した。警察の調べに対し、性行為の間はアムリンが現れ、自分に取りついていたと話した。

ジャカルタ・ポストは専門家の話として、ジャゴ容疑者は村人の尊敬を集める存在だったと指摘。ほかにも言い出せずにいた被害者が見つかるかもしれないと伝えた。

警察によると、同容疑者は児童保護法に違反して未成年者に性的虐待を加えた罪に問われ、最大で禁錮15年の刑を言い渡される可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]