坑内の36人、酸素不足で絶望視 インドネシア金鉱山崩落

崩落現場は急斜面/Indonesia National Board for Disaster Management

崩落現場は急斜面/Indonesia National Board for Disaster Management

ジャカルタ(CNN) インドネシア中部スラウェシ島の違法な金鉱山で先月26日発生した崩落事故で同国の国家防災当局は2日までに、坑内の酸素の残存量が著しく減っており閉じ込められている約36人の作業員が存命している望みはないとの見方を示した。

全員が死亡していると判断し、坑内に新たな酸素は送り込まないとした。事故は同州ボラアン・モンゴンドウの金鉱山で地滑りに伴って発生。現地時間の1日午後0時時点で8人の死亡、27人の救出が確認された。助け出された生存者1人は病院に搬送中に死去していた。

国家防災当局の報道担当者は、坑内にいる作業員の正確な人数の把握は極めて難しいと説明。作業員同士がお互いを良く知らず、大半が外部からの流入者との理由も示した。

救助活動の初期の段階では、助けを求める叫び声が坑内から聞こえたという。救助活動は地滑りによってもたされた不安定な地盤に妨げられて難航。地上に散乱する岩は大きく、新たな地滑りが発生する恐れも指摘された。

現場から救出される作業員/AP
現場から救出される作業員/AP

先月27日には作業員の一部親族らも救助活動に加わったが、安全対策を理由に翌日には禁止された。現場は急斜面で新たな被災者の発生を阻止する狙いもあった。

地滑りの発生はこの違法な金鉱山を掘り進めたことが原因との指摘もある。坑道の入り口部分の支柱などが上部の土壌の重みで崩落したという。

現場の周辺地域には小規模な違法鉱山もあるが、掘り出しを始める前に作業の安全性などに関する調査は一切ないのが現状となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]