南北首脳会談、ミサイル施設の廃棄で合意 金委員長が訪韓の意向

南北首脳が共同宣言に署名

韓国ソウル(CNN) 南北首脳会談が北朝鮮の首都・平壌で行われ、韓国と北朝鮮は朝鮮半島から紛争の脅威を取り除くための軍事分野の合意書に署名し、和平への歩みを進めると明らかにした。

韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は19日、平壌で、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長とともに記者会見に臨み、「戦争のない時代が始まった」と述べた。

文大統領は「今日、北と南は朝鮮半島全域から全ての脅威を取り除くことを決断した」と述べた。

文大統領によれば、合意の一環として、北朝鮮は東倉里(トンチャンリ)にあるエンジンの試験やミサイル発射の施設について、専門家の立ち合いの下で永久に廃棄する。

北朝鮮政府はまた、米国が相応の措置を取る場合、寧辺(ヨンビョン)の核施設を破棄することにも合意した。同施設は核兵器のための核関連物質の製造に使われているとみられている。

文大統領は「我々の関係は今後も変わらない。私は、北朝鮮と米国との協議が再び始まることを期待する」と述べた。

文大統領は18日から3日間の日程で訪朝。両首脳による会談は今年で3度目となった。

金委員長は「世界は、この分断された国家がどのようにして自分たちによって新しい未来をもたらすのか目撃することになる」と述べた。

金委員長はまた、「近い将来」ソウルを訪問する意向を明らかにした。これまでにソウルを訪問した北朝鮮指導者はいない。

文大統領は金委員長の訪韓は「前例のない」ことであり、両国にとって重要な転機となるだろうと述べた。文大統領はまた、2032年の夏季五輪に南北での共同開催を提案する考えを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]