韓国の文大統領、北朝鮮を訪問 3度目の南北首脳会談へ 

平壌で金委員長らの出迎えを受ける文大統領夫妻(左)/Pyongyang Press Corps

平壌で金委員長らの出迎えを受ける文大統領夫妻(左)/Pyongyang Press Corps

ソウル(CNN) 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が18日、大統領専用機でソウル空港を発ち、北朝鮮に到着した。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と3度目の会談に臨む。

文大統領夫妻は同日午前、平壌に到着し、金委員長夫妻の出迎えを受けた。

市民らから歓声が上がる中、両首脳は握手と抱擁を交わし、夫人も交えて談笑した後、2人の子どもから文大統領夫妻に花束が贈呈された。

3日間の日程で行われる今回の北朝鮮訪問には、Kポップのスターや、サムスングループを率いる李在鎔(イジェヨン)氏など経済界の10人あまりが同行している。

韓国の大統領が北朝鮮を訪問するのは2007年以来。

文大統領は出発に先立ち、「私が望むのは平和の実現だ。国際情勢次第で揺らぎかねない一時的な変化ではなく、世界で何が起きようと覆ることのない、不可逆的で恒久的かつ揺るぎない平和を望む」とツイートした。

文大統領と金委員長は1回目の会談で、朝鮮戦争を終結させると表明していた。正式な終結のためには米国と中国の合意も得る必要があるものの、専門家によれば、韓国と北朝鮮が朝鮮戦争の終結を宣言するか、2国間で平和条約を締結する可能性はある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]