女4人が相次ぎ自爆、10人死亡 ナイジェリア

ナイジェリア北東部のボルノ州で女4人が自爆

ナイジェリア北東部のボルノ州で女4人が自爆

(CNN) ナイジェリア北東部のボルノ州で17日、女4人が相次いで自爆し、少なくとも10人が死亡、65人が負傷した。同国の国家緊急事態管理局が明らかにした。

爆発は現地時間の同日午後5時過ぎごろ、同州の州都マイドゥグリ郊外で発生。緊急事態管理局や赤十字などが対応に当たり、負傷者は病院に搬送された。

ナイジェリア北東部では、 過激派集団ボコ・ハラムによるテロ攻撃が頻発している。しかしCNNの電話取材に応じた緊急事態管理局の広報は、今回の事件にボコ・ハラムが関与しているかどうかについては確認できなかった。

マイドゥグリでは2016年10月と17年8月にも、女の実行犯による自爆事件が起きている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]