氷点下67度、シベリアに猛烈な寒波到来

2018.01.18 Thu posted at 09:37 JST

[PR]

(CNN) ロシア極東やシベリア各地が記録的な寒波に見舞われ、極東のサハ共和国で氷点下67度を記録した。

サハ共和国の中心地ヤクーツクで14日に撮影した自撮り写真を投稿した女性は、「ここの気温は氷点下50度。それでもまだ外出している。わりと暖かい」と書き込んだ。

ヤクーツクに住む別の住民は、屋外の魚市場の動画を投稿した。氷点下49度の気温の中、凍った魚をかごの中に立てて陳列する露店の様子が映っている。

雪景色の中で自転車に乗る人の動画も公開された。投稿者によれば、この時のヤクーツクの気温は氷点下48度だった。

タス通信によると、ヤクーツクから約1000キロ離れたオイミャコン(人口約500人)では氷点下67度を観測した。同地は人が住む地域としては世界の中でも特に寒い場所として有名で、1933年には氷点下67.7度を記録している。

今年に入ってオイミャコンでは朝方の気温が8日連続で氷点下50度を下回った。14日の気温は氷点下59.6度まで低下。皮膚が外気にさらされれば5分以内に凍傷になる寒さだった。

同地では、気温が氷点下56度以下になるとハイスクールが休校になるという。

シベリア非常事態省によれば、寒波は週の後半まで続き、シベリア全土で氷点下40度に達する見通し。強風や暴風雪にも警戒を呼びかけている。住民には、自家用車の使用を自粛し、長時間の歩行や外出は避けるよう呼びかけた。

メールマガジン

[PR]