拉致被害の女性、回復支援の取り組みに密着 ナイジェリア<上>

2017.06.16 Fri posted at 17:00 JST

[PR]

ナイジェリア・アブジャ(CNN) ナイジェリアの首都アブジャの外れにある何の変哲もない建物。しかし、その建物を警備する多くの武装衛兵の存在から、イスラム過激派組織ボコ・ハラムによる拉致から解放された同国北東部チボックの女性たちが、そこでひっそりと暮らしていることが分かる。

CNNはこのほど、アブジャにあるそのめったに入ることのできない施設への立ち入りを許された。そこには、昨年10月に解放された21人の若い女性たちが今も暮らしており、さらに最近解放されたばかりの82人の女性もそこでリハビリを開始する。

われわれは、現在施設で暮らす21人の女性と、昨年5月に発見されたチボック出身の女性のうち最初に救助されたアミナ・アリさんに面会した。

アリさんには昨年8月にもインタビューを行ったが、当時のアリさんは極度のあがり症で、他人と話すのが苦手な21歳の女性だった。

しかし、その後アリさんに大きな変化が見られた。自信が付き、娘のサフィヤさんと共に暮らす飾り気のない部屋でメイクをしながら笑みを浮かべる。

昨年10月に解放された21人の女性のうち4人に乳児がおり、同施設の託児所がその乳児たちの面倒を見ている。

正常化の模索

普段、施設に暮らす女性たちは体系化されたプログラムに参加する。このプログラムは朝食から始まり、職業訓練や、化学や英語などの授業を行う。祈りの時間やゲームをしてくつろぐ時間もあるという。

メールマガジン

[PR]