英富豪ブランソン氏、ハリケーン通過後の島の様子を公開

2017.09.12 Tue posted at 18:27 JST

[PR]

(CNN) ハリケーン「イルマ」が猛威を振るったカリブ海に島を所有する英実業家のリチャード・ブランソン氏は12日までに、ハリケーン通過後の島の様子をインターネット上に公開した。

ブランソン氏が所有するネッカー島は、英領バージン諸島の一部。米領バージン諸島や英領バージン諸島はハリケーンによる被害を受けていた。

ブランソン氏は7日午前、コンクリート製のワインセラーに避難して、ハリケーンをやり過ごしたと報告していた。

ハリケーンの通過後、ブランソン氏の息子のサム氏は、島の全員は無事だったが、建物の多くは破壊されたと述べていた。トイレや寝室のドアが約12メートル吹き飛ばされていたという。

ブランソン氏は1979年に18万ドルでネッカー島を購入。その後、著名人も訪れる高級リゾート地をオープンしていた。

メールマガジン

[PR]