空港見物の観光客、ジェット噴流に吹き飛ばされ死亡 カリブ海

2017.07.14 Fri posted at 13:05 JST

[PR]

(CNN) カリブ海のオランダ自治領シント・マールテンでこのほど、空港を発着する航空機を見物していた観光客の女性が、ジェット機の噴射する後方気流に吹き飛ばされて死亡した。

地元警察によると、死亡したのはニュージーランドから来ていた57歳の女性。12日、プリンセス・ジュリアナ国際空港のフェンスにもたれて航空機の離陸を見物していたところ、強い後方気流にあおられて転倒し、後に死亡した。

海水浴客でにぎわうビーチに隣接する同空港は、航空機が真上を低空飛行する迫力が人気を呼び、シント・マールテンの観光名物にもなっている。

しかし空港や地元当局は、接近し過ぎれば重傷を負ったり死亡したりする危険もあるとして、立て看板を設置したり周辺をパトロールするなどして観光客らに注意を促していた。

12日の死亡事故を引き起こした航空機の種類は公表されていない。当局は、観光客に対しては必要な警告を行っていたと説明している。

プリンセス・ジュリアナ国際空港は1943年に開業した当初から、スリルを味わいたい人や観光客らの人気の的になっていた。

しかし2012年には、ジェット機の後方気流に吹き飛ばされた女性1人がコンクリートの壁にたたきつけられて負傷。14年には航空機が同空港を離陸した直後に海に墜落し、操縦士2人が死亡している。

メールマガジン

[PR]