キャサリン妃トップレス写真、1.8億円の賠償請求 英王室

トップレス写真で1.8億円の賠償を請求している

トップレス写真で1.8億円の賠償を請求している

(CNN) 5年前にウィリアム英王子の妻キャサリン妃のトップレス写真を掲載した仏メディア関係者らの裁判で、夫妻が150万ユーロ(約1億8000万円)の賠償を求めていることが分かった。

英PA通信が2日に伝えたところによると、2012年にトップレス写真を掲載した芸能誌クローザーと地方紙ラ・プロバンスの責任者ら6人の裁判が同日、フランスで始まった。

問題の写真は、キャサリン妃がウィリアム王子と滞在した南仏の別荘で日光浴をしていた時に盗撮された。クローザーは直後に、裁判所から写真公開の差し止め命令を受けた。

ウィリアム王子は当時、母のダイアナ元妃がメディアに追いかけられた末に事故死したことを思うととりわけショックだと話していた。

PA通信によると、夫妻はクローザーとラ・プロバンスの経営責任者や編集者、カメラマンらがプライバシーを侵害したと主張。これに対して被告側は、好意的な報道でプライバシー侵害には当たらなかったと主張している。裁判所は7月4日に判決を下すことになっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]