女王を救え! ハチの群れが2日間車を追跡 英

女王バチを閉じ込めた車に数千匹のハチが張り付く珍事が発生

女王バチを閉じ込めた車に数千匹のハチが張り付く珍事が発生

(CNN) 英ウェールズで先ごろ、ハチの群れが2日間にわたって自動車に取りつくという出来事があった。車の中から出られなくなった女王バチを追ってきたとみられる。

女王バチは車が自然保護区を訪れた際に中へ入りこんだとみられるが、車の持ち主のキャロル・ハワースさんはそのことにまったく気づかなかったという。ところが帰り道に買い物をするために車を止めた際には、数千匹のハチの群れが車にしがみついていた。

たまたま近くを通りかかった国立公園の職員トム・モーゼスさんがこれに気づき、地元の養蜂家団体に助けを求めた。生息地の縮小や殺虫剤の使用の影響もあってハチの数は減少しており、できるだけハチを傷つけずに対処したいと考えたからだ。

駆けつけた養蜂家はハチを慎重に箱の中へと追い込み、一件落着、となったはずだった。

ところが翌朝になるとハチの群れが車に戻ってきていたと、ハワースさんは英テレグラフ紙に伝えている。再び養蜂家が呼ばれ、ハチの群れは除去された(女王バチがどうなったかは伝えられていない)。

モーゼスさんによれば、女王バチが何らかの理由で群れを引き連れて営巣場所を変えることは珍しくない。銀色に輝く温かい車がいい引っ越し先に見えたのかも知れないとモーゼスさんは話している。。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]