母は「空爆で死亡」、4歳女児の目に破片 モスル戦闘の惨状

2017.03.31 Fri posted at 17:30 JST

[PR]

イラク・アルビル(CNN) 「ママに会いたい」。4歳の少女ハウラちゃんは、祖母アリヤさんの腕の中で、か細い声でつぶやいた。

顔にはいくつもの傷跡が残り、包帯に覆われた喉と脚のやけどの傷はまだ癒えない。片目には破片が突き刺さり、もう片方の目は閉じたまま。再び目が見えるようになるかどうかは、医師にも分からない。

祖母アリヤさんは言葉を詰まらせ、涙を流した。「死んだ方がましかもしれない。こんな風に生きるよりは、死ぬことを考えている。(ハウラちゃんは)まるで小さな花のようだった。遊んだり走ったりしていた。それが今は、母を亡くし、両目もなくした」

ハウラちゃんの母親は、17日の空爆で死亡した。イラク北部モスルの近郊ではこの日、米軍率いる有志連合が複数回の空爆を行っていた。この空爆で民間人が死亡したと伝えられ、米政府とイラク政府が調査に乗り出している。しかし米国防当局者は、現時点で空爆に関する米軍の規定が破られた形跡はないとしている。

イラク軍高官によると、17日に空爆された現場からは、30日までに141人の遺体が回収された。しかしまだ瓦礫(がれき)の下に遺体が残されていて、犠牲者はさらに増える可能性がある。

「あれは大量殺人だった」。アリヤさんは涙を流した。

メールマガジン

[PR]