アフガン軍初の女性パイロット、脅迫受け米国に亡命申請

2016.12.28 Wed posted at 14:40 JST

[PR]

(CNN) アフガニスタン空軍初の女性パイロットとして世界的に注目された兵士が、母国で相次ぐ脅迫にさらされ、安全に暮らすことができなくなったと訴えて米国に亡命を申請した。

亡命を申請したのはアフガニスタン軍のニロファル・ラフマニ大尉(25)。1年ほど前から米南部の空軍基地で訓練を受けていた。弁護士によれば、アフガニスタンの武装勢力から数え切れないほどの脅しを受け、政府当局者からも非難されて「もしアフガニスタンに帰国すれば身の安全が危ぶまれる」状況だと言う。

ラフマニ大尉は2013年、同国初の女性パイロットになった。「パイロットになることは父の夢でもあった」と話し、父から受け継いだ夢をかなえると同時に「アフガニスタンの女性も男性と同じ仕事ができる」ことを世界に知ってもらいたかったと振り返る。

これまでの飛行経験は1000時間以上。武装勢力の掃討任務に身をささげ、「女性にとって、移民にとって、そして世界中のイスラム教徒にとっての輝く光になった」と弁護士は言う。

しかし有名になるほど強い非難が集中し、軍上層部の反発も招いた。アフガン軍の将官は、「(ラフマニ大尉が)亡命申請を認めさせるためだけに、脅迫されているとうそをついていることは間違いない」という理由で、申請を却下するよう米政府に要請した。

ラフマニ大尉は本人だけでなく家族も殺人予告を受けて何度も転居を余儀なくされたといい、「アフガニスタンには戦争があり、暴力があり、女性に対する差別がある」と訴えている。

メールマガジン

[PR]