メルケル独首相、「人道支援拒まず」 難民受け入れ維持を強調

ドイツ国内でのテロ事件続発を受け、メルケル首相の難民政策は批判にさらされている

ドイツ国内でのテロ事件続発を受け、メルケル首相の難民政策は批判にさらされている

(CNN) ドイツのメルケル首相は28日、ドイツや欧州で続発しているテロ事件について「ショッキングでつらく、恐ろしいことだ」としながらも、難民受け入れ政策を今後も維持する意向を明らかにした。この政策に対しては、ドイツ内外から厳しい批判が出ている。

ドイツではこの2週間に4件の襲撃事件が起き、そのうち3件の実行犯はイスラム過激主義の影響を受けた難民や難民申請をしている人物だった。

メルケル首相は治安対策とテロ対策の強化を約束する一方で、正当な難民だと認められたほぼすべての難民申請者を受け入れるという政策を堅持する姿勢を明らかにした。ドイツは昨年、欧州最多の100万人以上の難民を受け入れている。

「人道上の務めを果たすと決意した以上、人道的支援を拒むことはしたくないし、ドイツ(国民全体)にもそれを勧めようとは思わない」とメルケル首相は記者会見で述べた。

またメルケル首相は「ドイツ国民が大切なものを見極める判断力を失うこと」こそテロリストの狙いだと指摘。

「彼らは私たちの団結や協力関係を引き裂き、私たちの暮らしに害を及ぼそうとしている。私たちが広く人々を歓迎しようとするのを妨害しようとしている。異なる文化や宗教間の憎悪を広げようとしている」と訴えた。

またメルケル首相はドイツはこれまでにも同様の試練を経験してきたと語り、「私たちにはできる」というフレーズを繰り返し口にした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]