英旅行者、欧州への渡航に12時間待ち 仏の入国審査強化で

ドーバー海峡を渡るフェリーへの乗船手続きが遅れ、英国側で大渋滞が発生している

ドーバー海峡を渡るフェリーへの乗船手続きが遅れ、英国側で大渋滞が発生している

ロンドン(CNN) 夏のバカンスシーズンを迎えて英国から欧州を目指す旅行者が急増し、港湾都市ドーバーにつながる高速道路が大渋滞に見舞われている。相次ぐテロを受けてフランスが国境警備を強化し、対応が追い付かなくなったことが原因。渋滞に巻き込まれて車中泊を余儀なくされる旅行者も続出した。

ドーバー港は、対岸のフランス・カレー行きのフェリーが発着する欧州への玄関口。近郊のフォークストーンには英仏海峡トンネルの入り口がある。出発前の乗客に対しては、フランスの国境警備局が保安検査を実施する。

ドーバー発のフェリーを運航するP&Oフェリーは24日早朝の時点で、同港に通じる高速道路は最大で12時間の渋滞が発生し、港に到着してもさらに2時間待ちの状態だと説明した。

港まであと約16キロの地点で渋滞に巻き込まれたという女性は、ようやくフェリーに乗船できるまでに17時間半かかったといい、「いつもはフランス人が大好きだけれど、今日だけは大嫌い」とツイッターにぼやいた。

ケント警察は24日、高速道路ではまだ最大で10時間の渋滞が続いていて、あと2日はこの状態が続く見通しだと発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]