イスラム組織、夫に妻への「殴打」許す法案提唱 パキスタン

服装などで夫の指示に従わない場合、穏当な程度の殴打は許されるという

服装などで夫の指示に従わない場合、穏当な程度の殴打は許されるという

(CNN) パキスタン内で影響力を持つイスラム教組織の指導者は29日までに、夫が妻をしつける意味合いで軽度に殴ることを認めるとする新たな法案を提案した。

力ずくの殴打は禁じ、小規模な懲罰は恐れの感情を与えるのに必要との見解も示した。この組織は合憲の「イスラム・イデオロギー協議会」で、同国議会にイスラム教の教えと各種法案の整合性についてなどの助言を与えている。

ただ、同協議会の提案はあくまで勧告との性格を持ち、提案が法制化されるには議会での可決が必要となっている。

同協議会のモハマド・カーン・シーラニ指導者は75ページにわたる法案の提案書で、妻が服装などで夫の指示に従わない場合、穏当な程度の殴打は許されると主張。地元紙エクスプレス・トリビューンによると、提案書はまた、宗教的な理由なしに性的交渉を拒んだり、性的交渉後や生理期間後に体を洗わない場合も軽い殴打は認められるとも説明した。

さらに、頭髪を覆い隠すが顔は外に見せるベールの「ヘジャブ」を着用せず、見知らぬ人物と交流し、声高なしゃべり方をしたり、夫の許可なしに他人に現金を与えた場合なども適度な殴打は正当化されるとも述べた。

提案書は、女性に禁止すべき行動についても言及し、戦争での交戦への参加などをこの中に含めた。ただ、政治への参加や裁判官になることなどは認めた。妻が夫の了解を得ずに避妊薬を服用することも禁じた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]