米ミサイル防衛の東欧配備、プーチン氏が「対抗措置」を言明

ロシアのプーチン大統領。米国のミサイル防衛システム配備に反発を示した

ロシアのプーチン大統領。米国のミサイル防衛システム配備に反発を示した

(CNN) 米国がルーマニアなどでミサイル防衛(MD)システムの配備を進めていることに対し、ロシアのプーチン大統領は27日の記者会見で強い反発を示し、対抗措置を取る構えを示した。ロシア国営タス通信が伝えた。

米国は今月、北大西洋条約機構(NATO)のMD構想の一環として、ルーマニア南部デべセルの軍基地内に設けた米海軍施設で、欧州初となる地上配備型ミサイルの運用を開始した。ポーランドでも同様の配備を進めている。イランなどの「無法国家」から欧州を守るのが目的で、ロシアのミサイルを狙うためではないとしている。また攻撃用のミサイルとは異なり、迎撃専用だというのがNATOの主張だ。

しかし、プーチン大統領は27日、訪問先のアテネでチプラス・ギリシャ首相と会談した後、記者団に「ルーマニアの人々に自覚がなかったというのなら、我々は自国の安全を確保するために一定の措置を取らざるを得ないだろう」と述べた。さらにポーランドについても「同じことになる」と語った。

これに対してNATOの報道官は、「ロシアはMDシステムが防衛目的であり、ロシアに向けられたものではないことをよく知っているはず」と述べ、同国からの威嚇は「不当で無責任」だと反論した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]