ブラジル下院、大統領の弾劾決議を承認 上院で審議へ

ブラジルのルセフ大統領。下院で弾劾決議が可決された

ブラジルのルセフ大統領。下院で弾劾決議が可決された

ブラジリア(CNN) 南米ブラジルの下院は17日、ルセフ大統領に対する弾劾(だんがい)の是非をめぐり採決を行い、議員の3分の2が賛成して承認した。賛成は367人、反対は137人。棄権も数人いた。承認には議員の3分の2に当たる342人の賛成が必要だった。

ルセフ大統領に対しては、2014年の大統領選での再選のため、政府会計の粉飾にかかわったとの批判が出ている。

弾劾をめぐる審議は今後、上院へ送られる。上院でも承認されれば、ルセフ氏は裁判に向けて180日間の職務停止となる。大統領の職務は副大統領が代行する。ルセフ氏は早ければ5月にも職務停止となる可能性がある。

議員が審議を行うなか、国会の建物の周辺では、ルセフ大統領の支持派と反対派がデモを行った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]