カーナビがスラム街に「誘導」、銃撃され女性死亡 ブラジル

スラム街に誘導されてしまった女性が殺害される事件があった

スラム街に誘導されてしまった女性が殺害される事件があった

ブラジル・リオデジャネイロ(CNN) ブラジルでカーナビアプリの「ウェイズ」を頼りに観光地に向かおうとした夫婦が、スラム街にある通りに迷い込み、妻が殺害される事件が起きた。

今回の事件で、五輪の開催を来年に控えたリオデジャネイロの治安面の不安や、観光地と隣り合わせに危険地帯が存在する場所でカーナビアプリを使うことの危険性が浮き彫りになった。

ブラジルの警察によると、レジナ・マームラさん(70)と夫のフランシスコさん(69)は3日、ウェイズの道案内で車を運転してリオデジャネイロの対岸にある観光地のニテロイを目指した。

ところがたどり着いたのは、治安の悪さで有名なスラム街の路地だった。2人の車には20発もの弾丸が撃ち込まれ、レジナさんが死亡。フランシスコさんの運転で車は現場を脱出し、フランシスコさんは無事だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]