レッドカードに選手が逆上、審判を射殺 アルゼンチン

(CNN) アルゼンチン北部のコルドバで、サッカーの試合中に退場を命じられたアマチュア選手が逆上して審判を射殺する事件があった。

現地からの報道によると、審判のセサル・フローレスさん(48)はコルドバで行われたアマチュアのサッカー試合で、1人の選手にレッドカードを出して退場を命じた。逆上した選手は自分のかばんから銃を取り出し、グラウンドに引き返してフローレスさんの首と頭と胸を銃で撃ったという。

EFE通信は警察の話として、すべて試合中の出来事だったと伝えた。容疑者は現場から逃走し、警察が行方を追っている。別の選手1人も巻き込まれて重傷を負ったが、命に別条はないという。

中南米では過去にもサッカーの試合中に暴力事件が発生している。ブラジルでは昨年、アマチュア試合の審判が選手に乱暴されて銃を抜いた。2013年には選手が審判に刃物で刺される事件が起きた。ファンはこの審判をつかまえて暴行し、石を投げて殺害。遺体は刺された選手の家族によってバラバラにされた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]