米国防長官、中国に南シナ海埋め立て作業の即時中止を要求

スプラトリー(南沙)諸島の人工島をめぐり緊張が高まっている

スプラトリー(南沙)諸島の人工島をめぐり緊張が高まっている

(CNN) 米国のカーター国防長官は30日、シンガポールで開かれている国際会議で演説し、中国が領有権論争がある南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島の岩礁などで埋め立てを続けている問題を踏まえ、「即時かつ永続的な中止」を要求した。

「米国は南シナ海における埋め立て作業の速度と規模に深刻な懸念を抱いている」と指摘。「埋め立て拠点のさらなる軍事化の展望などは領有権を争う当事者の間の判断ミスや紛争の危険性を高める」と主張した。

会議に参加する日本とオーストラリアの国防担当閣僚も30日、同様の見解を表明した。

一方、中国の国防当局者はカーター氏の演説を受け、軍事化への懸念は不十分であり法律的な根拠に欠けると反論。中国国営の新華社通信によると、「航行の自由は、軍用機や艦船をあらゆる場所に派遣するより、経済発展の利益にのっとるべきだ」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]