世界記録挑戦も豚の餌に、4トンのチャーハンが物議 中国

300人が料理人となり、4192キロ分のチャーハンを作り上げた

300人が料理人となり、4192キロ分のチャーハンを作り上げた

(CNN) 中国・江蘇省の揚州で開かれた世界最大量のチャーハン作りに挑むイベントで、出来上がった4トンあまりのチャーハンの一部が豚の餌になっていたことが発覚し、批判の的になっている。

中国国営通信によると、揚州名物のチャーハン料理イベントは22日に開かれ、地元住民や外国人観光客など300人が料理人になって、4192キロ分のチャーハンを作り上げた。

ギネス・ワールド・レコーズによると、これまでのチャーハン世界記録は昨年トルコのイベントで達成した3150キロが最高だった。揚州の記録はこれを上回る。

しかし地元メディアの報道で、出来上がったチャーハンがゴミ回収車に乗せられていたことが判明。イベントを監督した揚州観光局は25日、監督不行き届きだったと認め、人間の食用に適さなかった150キロ分が養豚場に送られたと説明した。残りは地元の食堂に配ったとしているが、それ以上の説明は避けている。

ギネスによると、記録として認定するためには全て食べられるチャーハンを作る必要がある。揚州のチャーハンは「150キロ以上が人に食べられないものだったことがはっきりした」として、記録を認定しなかった。

人民日報に掲載された論説では、政府がぜいたく出費の取り締まりに乗り出していることを理由に、こうした浪費イベントは終わらせる必要があると強調。「同イベントに公金が出費されていたのであれば税金の無駄遣いに当たる。民間企業がスポンサーだったとしても、大量の食料が無駄になった」と批判した。

地元メディアの報道によると、イベントの開催費は約14万人民元(約267万円)だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]