米、中国元企業幹部を強制送還 汚職者リストから初

中国に強制送還された楊進軍氏=中国中央規律検査委員会

中国に強制送還された楊進軍氏=中国中央規律検査委員会

香港(CNN) 中国の中央規律検査委員会は18日、汚職摘発を逃れて海外逃亡していた元企業幹部、楊進軍氏の身柄を米国が強制送還したと発表した。同氏は汚職などの罪に問われており、中国当局が発表した海外逃亡者の手配リストの中でもトップに挙げられていた。

数日後に習近平(シーチンピン)国家主席の訪米を控えており、今回の送還は、米国が中国当局の汚職摘発に協力する意思があることを示した形だ。

中国が国際手配リストを発表して以来、米国からの強制送還に成功したのは初めて。他国からはこれまで、12人が送還されている。

国際刑事警察機構(インターポール)によると楊氏は57歳で、中国東部の温州市出身。罪状は横領とされている。

米中間では身柄引き渡し条約が結ばれていない。ただ、米国務省の報道官は3月、送還者が公正な裁判を受けることができ、拷問などの虐待を受けないことを条件に身柄引き渡しに応じる姿勢を示していた。

習出席は政権の座について以来、多数の党職員や企業幹部らを汚職疑惑で摘発。習主席に反対する勢力を除去する政治的な駆け引きに過ぎないとの批判もあるが、摘発は拡大を続けている。4月には「キツネ狩り」「天網(スカイネット)」と呼ぶ作戦を立ち上げ、海外逃亡者100人の手配リストを公開した。

中国当局は楊氏の他にも、元企業幹部の令完成氏の身柄送還を強く求めている。米ニューヨーク・タイムズ紙が米国在住と報道しており、手配リストにも名前が載っている。同氏の兄は、胡錦濤(フーチンタオ)前主席の元側近で、収賄や国家機密盗取などの罪に問われている令計画氏。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]