拘置所で死亡の米富豪、CBSテレビが監房内の写真を公開

拘置施設で死亡した米富豪ジェフリー・エプスタイン被告/Florida Department of Law Enforcement via Getty Images

拘置施設で死亡した米富豪ジェフリー・エプスタイン被告/Florida Department of Law Enforcement via Getty Images

(CNN) 未成年の少女を性的に搾取した罪で起訴され、昨年8月に米ニューヨークの拘置施設で死亡した米富豪、ジェフリー・エプスタイン被告の監房や、首つりの輪を作ったシーツの写真が、米CBSテレビの番組で公開された。

CBSの番組は5日夜に放送された。監房の床にマットレスが置かれ、オレンジ色のシーツが散乱した様子や、結んで輪にしたシーツなどの写真が映し出された。

CBSは検視官が撮影した写真だと伝えたが、それをどのように入手し、本物であることを確認したかは明らかにしなかった。

CBS
CBS

ニューヨークの検視当局は当時、エプスタイン被告が首つり自殺で死亡したと断定した。遺族側の医師はこの結論に異議を唱えている。

CBS
CBS

番組ではさらに被告の遺体や首に残った血の跡の写真も流れたが、CNNは公開を自粛する。

被告が書いたとみられるメモには、シャワー室に1時間も閉じ込められ、焦げた食べ物を与えられ、大きな虫が両手の上をはっているなどと書かれていた。

監房のドアの外側に警察のテープが貼られた写真もある。

CBS
CBS

エプスタイン被告の死をめぐっては、見回りを怠ったとされる看守2人が共謀と記録改ざんの罪で起訴されたが、2人とも罪状認否で無罪を主張した。起訴状によれば、被告は7月にシーツを首に巻き付けた状態で見つかり、その後24時間は自殺監視の対象になっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]