米ヨセミテ公園、滝近くから転落 21歳男性死亡

米ヨセミテ国立公園にある滝の近くで、訪問者が足を滑らせ転落する事故が相次いでいる/David Calvert/Getty Images North America/Getty Images

米ヨセミテ国立公園にある滝の近くで、訪問者が足を滑らせ転落する事故が相次いでいる/David Calvert/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米カリフォルニア州のヨセミテ国立公園でこのほど、訪れた人らが高所から転落する事故が相次ぎ3人が負傷、うち1人は傷がもとで死亡した。当局は道のないところを歩くオフトレイル・ハイキング中の事故とみて注意を呼びかけている。

ヨセミテ国立公園の当局者は5日、CNNの取材に答え、先週21歳の男性が園内にあるブライダルベール滝の下近くから足を滑らせて転落し、死亡したと説明した。

事故は先月29日と31日に起きており、男性と別の訪問者がそれぞれ約6メートルの高さから落下した。滝の下近くの濡れた岩の上で足を滑らせたとみられる。2人とも標識のあるルートを外れ、端に位置する岩々をよじ登っていた。

事故を受け、救急隊員が滑りにくいゴム底の登山靴を履いて現場に駆け付け、救助に当たった。転落した人たちはどちらも園内の草地まで空輸され、そこから救急車に乗せられた。

31日に転落した男性は、公園の外に出た後で死亡した。公園当局者は、個人情報保護の観点から男性の氏名や死因の公表を控えた。

先週の3件目は今月1日に別の滝で発生した。複数で訪れた人たちの1人が岩から滑り落ち、小川の途中にある岩に挟まって動けなくなったが、周りの人たちが手を貸すなどして脱出。救急車に運ばれ治療を受けた。

公園当局は訪問者らに対し、標識のあるルートに沿って散策し、滑りやすい岩には近づかないよう注意を促している。公園側によれば、ブライダルベール滝で足を滑らせ負傷した事故は過去2~3年で23件に上る。このうち14件が頭部損傷につながっているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]