24時間でサメ襲撃3件、命に別条なし 米フロリダ州の海岸

米フロリダ州で24時間以内に3件のサメ襲撃が報告された/Barcroft Media/Barcroft Media/Barcroft Media via Getty Images

米フロリダ州で24時間以内に3件のサメ襲撃が報告された/Barcroft Media/Barcroft Media/Barcroft Media via Getty Images

(CNN) 米フロリダ州ボルーシャ郡のニュースマーナビーチで先週末、サメに手や足をかまれたとの報告が24時間以内に3件相次いだ。負傷した3人の命に別条はない。

地元当局によると、3日にまず、サーフィンをしていた20歳の女性がサメに左の手と手首をかまれた。女性は病院へ運ばれたが、命にかかわるけがではなかった。

その30分後に、21歳の男性サーファーが右足をかまれ、その場で手当てを受けた。病院への搬送は本人が断った。

この2件から24時間以内に、今度は51歳の男性がひざまでの波打ち際に立っている時に右足をかまれた。男性によれば、サメは体長1.2メートルほどで、左足でけると離れて行った。

3人を襲ったサメの種類は特定されていない。ここはサーフィン愛好者に人気のある海岸だが、サメがよく出没することでも知られる。浅い場所で比較的大きなサメが目撃されることもあるという。

フロリダ自然史博物館がまとめている「国際サメ被害目録」によると、米国で1882年以降に報告されたサメ襲撃の件数はボルーシャ郡が最も多く303件。2位の同州ブレバード郡(147件)を大きく引き離している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]