2020年大統領選、民主左派ウォーレン氏が正式に名乗り

民主党ウォーレン議員、大統領選出馬を表明

(CNN) 2020年の米大統領選に出馬の意向を示していた民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員が9日、地元マサチューセッツ州の集会で正式に名乗りを上げた。

ウォーレン氏はこの日、1912年に移民労働者による大規模ストライキの舞台となった町ローレンスで集会を開き、厳寒の中で44分間にわたって演説した。

「ホワイトハウスに今いる人物は、米国の失敗を示す最新で最も極端な症状だ」「金と権力のある者ばかりに加勢し、それ以外の人々は全員見捨てるいんちきな体制の産物だ」と、トランプ米大統領を批判。富裕層や大企業の影響力に立ち向かう姿勢を改めて鮮明にし、企業ロビー団体などからの献金は一切受け取っていないと強調した。

集会にはマサチューセッツ州選出のジョセフ・ケネディ3世下院議員も駆け付け、ウォーレン氏への支持を表明した。

ウォーレン氏はこれまでトランプ政権の不法移民政策を強く批判し、富裕税の導入を主張するなどして移民や女性、労働者からの支持を求めてきた。

先住民出身を名乗って有利な扱いを受けてきたとトランプ氏らに批判され、DNA鑑定の結果を公表したところ、先住民から反発を買った経緯がある。この件が選挙戦にどう影響するかは不透明だ。

同氏はこの後、ニューハンプシャー、アイオワからカリフォルニアまで全6州での遊説を予定している。

民主党からはすでにカマラ・ハリス、コリー・ブッカー両上院議員らが大統領選への出馬を正式に表明し、バーニー・サンダース、エイミー・クロブチャー両上院議員らもまもなく名乗りを上げる見通しだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]