雪に埋まり氷漬けの猫、間一髪で救助され「解凍」 米

雪に埋もれ凍死寸前だったところを救助された猫のフラッフィー/Courtesy Animal Clinic of Kalispell

雪に埋もれ凍死寸前だったところを救助された猫のフラッフィー/Courtesy Animal Clinic of Kalispell

(CNN) 厳しい寒波に見舞われた米モンタナ州でこのほど、猫が雪だまりの中に埋まり、半ば氷漬けになったところを飼い主に発見されて九死に一生を得る出来事があった。動物病院に運ばれ、体を温めてもらうと、文字通り「解凍」されて元気を取り戻した。

モンタナ州カリスペルに住む女性は先月31日、飼っているメス猫のフラッフィーが家の近くで雪に埋もれているのを発見。急いで地元の動物病院に連れて行った。

フラッフィーの体は長い毛に付着した雪玉で覆われ、呼び掛けても反応がなかった。病院の責任者はCNNの取材に対し「ほとんど氷漬けだった」と当時の様子を語った。

この日のモンタナ州北部は雪が多く降り、気温は氷点下。病院の医師によると運び込まれたときのフラッフィーの体温は32.2度を下回っていた。通常、猫の体温は約38度から約39度とされる。

病院の責任者は、フラッフィーの体温を上げるためいくつかの方法と試したと説明。「お湯で温めたり、ヘアドライヤーを当てたり、温めたタオルでくるんだりした」「最後には、中を高温にした犬小屋に入れた」

/Courtesy Animal Clinic of Kalispell
/ Courtesy Animal Clinic of Kalispell

フラッフィーは病院の緊急治療室で一夜を過ごした後、飼い主とともに帰宅した。

3歳のフラッフィーはほとんど外猫として生きてきたが、今の飼い主が引っ越してきたときにその飼い猫となった。雪に埋もれた経緯については分かっていない。

凍死寸前のところで救われた幸運なフラッフィー。当分は家の中で過ごすことになりそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]