米陸軍、イスラエルの「アイアンドーム」導入を計画

対空防衛システム「アイアンドーム」から発射されたミサイル/MENAHEM KAHANA/AFP/Getty Images

対空防衛システム「アイアンドーム」から発射されたミサイル/MENAHEM KAHANA/AFP/Getty Images

(CNN) 米陸軍は9日までに、イスラエルが2011年以降、実戦に投入している対空防衛システム「アイアンドーム」の導入を計画していることを明らかにした。

同システムは当初、イスラエルの軍事関連技術企業「ラファエル」が開発に当たっていたが、米国がその後、資金援助に踏み切った経緯がある。

アイアンドームは飛来するロケット弾を捕捉(ほそく)し、迎撃ミサイルを発射して空中で破壊する能力を持つ。発射装置には標的をとらえる発射制御レーダーが備えられ、携行型もある。装置の移動も可能で数時間内に据え付けることが出来る。

米陸軍は声明で、広範囲な間接的な火力の脅威や空中からの脅威から米軍兵士を守ることが可能なシステムとして有効なのかどうかの性能評価や実験を実施すると述べた。

また、イスラエル空軍が運用するアイアンドームは実戦で効果を立証しているとしながらも、米陸軍は長期的な間接火力防御能力の多様な選択肢を分析しているとも指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]