Fashion

デザイナーのI・アプフェル氏、97歳でモデル契約 大手マネジメント会社と

大きな眼鏡がトレードマークの米デザイナー、アイリス・アプフェル氏

大きな眼鏡がトレードマークの米デザイナー、アイリス・アプフェル氏

インテリアデザイナーでありファッション界に絶大な影響力を持つアイリス・アプフェル氏がこのほど、97歳にして大手マネジメント会社とモデル契約を結んだ。

契約先は世界的に事業を展開するIMG。所属するモデルにはカーリー・クロス、ケイト・モス、ジジ・ハディッドといった業界トップクラスが名を連ねる。

とはいえアプフェル氏自身も、大胆な色づかいと模様が特徴的な着こなしとトレードマークの大きな眼鏡で、ファッションリーダーの地位を築き上げてきた。すでにファッション誌「ヴォーグ・イタリア」の表紙を飾ったことがあるほか、自らの人生を題材にしたドキュメンタリー映画も公開されている。

インテリアデザイナーとして世に出たアプフェル氏は、夫と立ち上げたテキスタイル会社の共同オーナーを務めるなど、実業界でも成功。トルーマン元大統領からクリントン元大統領まで、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領を除く歴代の米大統領の下、ホワイトハウスの装飾プロジェクトを任されてもいた。

/ Credit: Astrid Stawiarz/Getty Images North America/Getty Images
/ Credit: Astrid Stawiarz/Getty Images North America/Getty Images

昨年はアプフェル氏をイメージしたバービー人形が作られた。当時の年齢の96歳は、バービー人形のモデルとなった人物として過去最年長。

アプフェル氏はファッション誌WWDの取材に答え、「年齢で何かが変わるとは思わないし、仕事をやめる理由になるとも思わない。引退するくらいなら死んだほうがまし。働くのが大好きだし、自分の仕事を愛している。自分の仕事を好きじゃない人たちのことを気の毒に思う。私にはもう、仕事以外何もない。面白くてクリエーティブな人に会うと、体中にエネルギーがみなぎって、本当に素晴らしい時間が過ごせる」と語った。

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]