旅客機操縦士を離陸直前に逮捕、酔った状態で乗務か 英

アメリカン航空の機体。同航空の操縦士が離陸直前に逮捕された/Shutterstock

アメリカン航空の機体。同航空の操縦士が離陸直前に逮捕された/Shutterstock

(CNN) イングランドのマンチェスター都市圏警察は9日までに、米大手のアメリカン航空の男性操縦士(62)が酩酊(めいてい)状態で乗務を試みた疑いがあるとして同市の空港で逮捕したことを明らかにした。

乗務予定だった米フィラデルフィア行きのAA735便が現地時間7日午前11時5分に離陸する数分前に拘束した。英PA通信によると、逮捕を受け、同便は欠航となった。

同航空は声明で拘束の事実を確認し、安全運航は最優先の課題とし影響を受けた利用客らに謝罪した。同便の乗客には代替便での座席を確保する便宜を図ったとした。

航空操縦士のアルコール摂取に関しては車の運転手より厳しい規制がある。体内血液の100ミリリットルでアルコール濃度は20ミリグラムが上限となっている。

ただ、最近は操縦士によるアルコール制限規定の違反行為が目立ち、昨年11月にはロンドンのヒースロー国際空港で逮捕された日本航空の日本人操縦士が禁錮10カ月の判決を受けた。10月下旬には日本の全日本空輸の操縦士が深酒が原因の体調不良を起こし、国内線5便が遅れる不祥事もあった。

同年6月には乗務前の英国航空大手ブリティッシュ・エアウェイズのベテラン操縦士に規定を大幅に超える飲酒が判明し、禁錮8カ月の判決を受けた。ロンドンのガトウィック空港からモーリシャス行きの便に勤務する前の摘発だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]