米財務長官宛てに糞便入り小包、爆弾処理班が出動

ムニューシン財務長官あての小包が見つかり、爆弾処理班が出動した

ムニューシン財務長官あての小包が見つかり、爆弾処理班が出動した

(CNN) 米ロサンゼルス市警は25日までに、ロサンゼルスのベルエア地区にあるスティーブン・ムニューシン財務長官の自宅近くで、同長官に宛てた糞便(ふんべん)入りの小包が見つかったことを明らかにした。

CNN系列局のABC7によると、小包は差出人に「アメリカ国民」と書かれ、23日夜、ムニューシン長官の自宅近くに置かれていた。

ロサンゼルス市警は爆弾処理班を出動させて対応に当たったが、捜査の結果、爆弾は入っていないと断定、現地時間の午後9時半ごろ、現場の封鎖を解除した。

大統領警護などを担うシークレットサービスはCNNの取材に対し、今回の事案については認識しているとコメントした。財務省には24日午後の時点で取材できていない。

捜査関係者によると、ムニューシン長官はこの騒ぎが起きた当時、ロサンゼルス市内にはいなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]