メラニア夫人、息子のバロン君とホワイトハウスに引っ越し

2017.06.14 Wed posted at 13:56 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 米国のドナルド・トランプ大統領の妻メラニア夫人と息子のバロン君がこのほど、米ニューヨーク・マンハッタンのトランプタワーから、首都ワシントンにあるホワイトハウスに引っ越しを済ませた。メラニア夫人はSNS上に、「新居で思い出をつくるのが楽しみ」と投稿した。

トランプ氏の大統領就任から約5カ月で「別居」状態が解消された。メラニア夫人がホワイトハウス入りを遅らせたのは、バロン君が、通っている学校で学年末を迎えられるようにして混乱を最小限に抑えようとしたためだった。

これから、メラニア夫人は新居での生活と大統領夫人としての役割の両方に注力することになりそうだ。

家庭を大切にするメラニア夫人にとって、11歳のバロン君が優先事項となっていた。バロン君は夏季休暇に入り、新居に移った。今秋からはメリーランド州にある学校に通うことになる。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]