米閣議で異例の光景、全出席者が立て続けにトランプ氏称賛

2017.06.13 Tue posted at 12:51 JST

[PR]

(CNN) トランプ米政権は12日、閣僚ら主要メンバーが勢ぞろいする閣議を開いた。そこでは閣僚らが順に発言し、競うようにトランプ大統領の業績をたたえる異例の光景が繰り広げられた。

歴代大統領の閣議では、報道陣が冒頭のみ撮影を許され、大統領はひと言述べるだけで質問に答えないまま終わるのが常だった。

だがこの日はかなり様子が違った。トランプ氏はまず、就任後143日間の業績を自ら列挙し、こう宣言した。「わたしほど多くの法案を成立させ、多くのことを成し遂げた大統領は、ほんの一部の例外を除けばひとりもいない」

トランプ氏はこれまでにイスラム圏からの入国禁止令をはじめ、いくつかの大統領令に署名したが、医療保険制度改革や税制改革などに関する実際の法案は成立させていない。

「ひとりもいない」のに「例外」を除くという表現も矛盾している。

閣議では続いて、最近新たに就任したパーデュー農務長官らが名指しされ、それぞれトランプ氏に惜しみない称賛の言葉を贈った。トランプ氏は無言のまま、笑顔で耳を傾けた。

この後さらに、全員が立て続けにトランプ氏への称賛や感謝を口にし、同氏は満足げな表情を見せていた。

トランプ政権では同氏を大げさにほめればほめるほど待遇が良くなるということを、閣僚らは認識しているようだ。

民主党のシューマー上院院内総務は、ツイッターに投稿した動画の中で閣議をすかさず風刺し、「全世界史上最高」のスタッフから称賛を浴びる「素晴らしいミーティング」の場面を演じてみせた。

メールマガジン

[PR]