米司法長官、ロシア共謀疑惑は「ひどいうそ」 議会で証言

2017.06.14 Wed posted at 12:57 JST

[PR]

ワシントン(CNN) セッションズ米司法長官は13日、ロシアによる米大統領選への介入疑惑を調べている米上院情報特別委員会の公聴会で証言し、疑惑への関与を全面的に否定した。

セッションズ氏は語気を強め、大統領選中にロシア当局者と共謀したとの疑惑は「とんでもないうそ」だと主張した。

セッションズ氏は今年3月、選挙期間中に駐米ロシア大使と2回接触していたと米紙に報じられた後、ロシア疑惑の捜査から身を引くと発表した。

連邦捜査当局は現在、同氏がさらにもう1回、昨年4月にトランプ氏が外交演説を行ったワシントン市内のホテルでもロシア大使と会っていた可能性を調べているとされる。

同氏は証言で、このホテルでロシア当局者と個人的に会合を持った事実はなく、会話をした記憶も一切ないと明言した。

また、ロシアを含む外国当局者との間で、選挙への介入について会合を持ったことはないと断言。

さらに「トランプ陣営にかかわる人物がそのような会話をした例も一切知らない」「私が共謀に関与した、あるいはロシア政府が米国に害を与えようとする企みを知っていたというような説は、いずれもとんでもない、非常に不愉快なうそだ」と述べた。

公聴会では、連邦捜査局(FBI)長官としてロシア疑惑の捜査を指揮していたコミー氏の解任に、セッションズ氏がどう関与したかも焦点となった。

セッションズ氏は、コミー氏解任についてトランプ氏と事前に話したことを認めたものの、会話の内容は明かせないと述べた。

メールマガジン

[PR]