卒業アルバムから「トランプ」消去、保護者が批判 米高校

2017.06.12 Mon posted at 11:57 JST

[PR]

(CNN) 米ニュージャージー州の公立高校で、卒業アルバムに掲載された生徒の写真から「トランプ」の文字や標語が消されていたことが分かり、学校が検閲を行ったとして批判の声が出ている。これまでに生徒3人の保護者が説明を求め、アルバムの再発行を要求した。

生徒の1人、グラント・ベラルドさんが着ていたTシャツは、胸に入っていた「TRUMP MAKE AMERICA GREAT AGAIN!(トランプが再びアメリカを偉大にする!)」の文字がデジタル加工によって消去され、無地の黒いTシャツになっていた。

父親のジョセフさんは、「息子が初めて関心を持った選挙だったのに、残念だ」と憤る。

アルバム用の写真は昨年秋に撮影され、11月の校正段階ではトランプ大統領のロゴは消されていなかったという。

4月にアルバムが発行されると、別の男子生徒のシャツからも、トランプ大統領のロゴが消去されていたことが判明。

この生徒の妹は、自分の写真の下にトランプ大統領の発言を引用した一節を掲載したい意向だったが、それも削除されていた。

2人の母親は、「こんなことが許されると誰が思ったのか」「学校には責任者を見つけて処罰してほしい」と訴えている。

メールマガジン

[PR]