託児所の送迎車内に放置、5歳児が死亡 米南部

2017.06.13 Tue posted at 15:47 JST

[PR]

(CNN) 米南部アーカンソー州で12日、5歳の男児が託児所の送迎バンの車内に朝から夕方まで放置されて死亡した。

地元警察によると、男児は同日午前7時ごろ、託児所へ向かうバンに乗車。到着した時には眠っていたとみられ、そのまま降ろされずに放置された。

バンは終日、託児所の駐車場に止まっていた。午後3時ごろになって帰りの幼児らを乗せようとしたスタッフが、チャイルドシートの上で亡くなっている男児を発見した。

通報を受けた当局者らが出動した時点で、駐車場の気温は32.8度に達していたという。

当局は複数の関係者を起訴する可能性も視野に入れ、検察に捜査を求める構えだ。警察によると、現場での捜査には託児所を管轄する州厚生当局者も立ち会った。

メールマガジン

[PR]