コモド島の観光は会員制に、全面禁止は撤回 インドネシア

コモドオオトカゲが暮らすコモド島への立ち入りを禁止する計画が撤回された/Shutterstock

コモドオオトカゲが暮らすコモド島への立ち入りを禁止する計画が撤回された/Shutterstock

(CNN) インドネシア当局は、世界最大のトカゲ「コモドオオトカゲ」の生息地として知られるコモド島への観光客の立ち入りを禁止する計画を撤回した。代替措置として、会員制度を設けて同島を訪れる観光客の数を制限する。

インドネシアのアンタラ通信によると、同国海事相は「コモド島は閉鎖しない」「コモド島を訪れる観光客の数を制限する」と表明した。

新しく導入される制度では、会員を2種類に分け、プレミアム会員のみコモド島への立ち入りを認める。それ以外の会員は別の島へ行くよう指示される。観光省はまだ、定員や料金などは発表していない。

コモド島はインドネシア南部にあり、ユネスコの世界遺産に指定されている。ここ数年は観光客の人気が急増、2018年は約18万人が訪れた。

しかし絶え間ない観光客の流入で生態系が破壊され、コモドオオトカゲの生存が脅かされることへの懸念が高まり、野生生物の保護を訴える声が強まっていた。

インドネシア当局は今年4月、2020年1月から1年間、コモド島への観光客の立ち入りを全面的に禁止する計画を発表。これに対して地元住民から、生計が立てられなくなると懸念する声が上がったことを受け、10月1日に撤回が発表された。

コモドオオトカゲは絶滅の危険が高い種に分類され、政府の推計によるとコモド島に約1700頭、リンカ島に約1000頭が生息する。

成体の体長は平均で2~3メートル。進化の観点からみた動物学的な重要性は極めて大きい。鋭い牙をもち、毒を出して獲物を仕留める生態でも知られる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]