煙害で空が一面真っ赤に インドネシア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

煙害による「赤い霧」が発生、インドネシア

(CNN) インドネシアで大規模な森林火災による煙害が深刻化している。スマトラ島中部ジャンビ州では先週末から週明けにかけ、昼間の空が一面赤く染まる現象がみられた。

ソーシャルメディアには、同州の村落や幹線道路が真っ赤な霧に覆われたような画像や動画が投稿された。

インドネシア気象気候地球物理庁(BMKG)はインスタグラムで、これは日光が大気中の大きな粒子に当たった時に起きる散乱現象だと説明した。

BMKGによると、赤い霧が観測された日の衛星画像では、ジャンビ州周辺にPM10(直径10マイクロメートルまでの粒子状物質)の濃度が高い地点が集中していた。

ジャンビ州では先週末、大気汚染の度合いを示すAQI(空気質指数)も、住民に重大な健康被害の恐れがある「危険」レベルに達した。

隣接するリアウ州は23日、大気汚染の深刻化を受けて緊急事態宣言を出した。

煙害は近隣諸国にも及んでいる。マレーシアでは汚染地域の生徒らにマスクが配られ、約600の学校が一時休校となった。

インドネシアの森林火災による焼失面積は32万8000ヘクタールを超え、数百人の住民が避難を強いられた。緊急対策当局によると、現地には消防要員ら9000人余りが出動している。

インドネシア警察は野焼きなどによる人為的な火災が大半を占めるとの見方を示し、これまでに200人近くを逮捕した。/p>

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]