「エリア51急襲」の仕掛け人、今度は宇宙人フェスの開催表明 米

「エリア51急襲」を取りやめる代わりに現地で宇宙人にちなんだフェスを開催?/Frederic J. Brown/AFP/Getty Images

「エリア51急襲」を取りやめる代わりに現地で宇宙人にちなんだフェスを開催?/Frederic J. Brown/AFP/Getty Images

(CNN) 宇宙人説が飛び交う米ネバダ州の「エリア51」を急襲しようとフェイスブック上で呼びかけた企画。これは冗談だったが、急襲計画の仕掛け人が今度は宇宙人をテーマにしたフェスティバルの開催を表明した。

イベントの名称は「エイリアンストック・フェスティバル」。「エリア51急襲」の当初日程と同じ9月19~22日に行われる予定だ。

フェスティバルのウェブサイトでは「宇宙人を信じる全ての人が集うユニークな場所をつくりたい。砂漠に繰り出し、ライブ音楽にアート、星空の下でのキャンプとイベント満載の世界に飛び込もう」と宣伝している。

開催予定地はネバダ州にある小さな町レイチェルで、公式人口はわずか98人。主催者サイトでは土地所有者も企画に賛成だとしているが、町全体が乗り気なわけではないようだ。

町のウェブサイトは「怪しいグループが『レイチェル乗っ取り』を示唆して、住民も『乗り気』だと主張している」と警告。「住民への相談はなかったし、乗り気でもない。町を乗っ取らせるつもりはない」として別の機会の訪問を呼びかけた。

レイチェルで営業するモーテルは1軒だけで、最寄りのガソリンスタンドまでは約80キロある。このモーテルによると、問題の週末はすでに予約済みで、フェス参加者はキャンプするしかなさそうだ。

エイリアンストックのサイトでは、開催に向けて全力を尽くしていると説明。駐車場やキャンプ用地、トイレ、飲料水の提供に加え、交通整理も担当するとしている。「大物」の出演をうたっているものの、詳細は明かしていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]