変わりゆく香港麻雀事情、見つめ続ける牌彫師に聞く<下>

2017.12.31 Sun posted at 10:00 JST

[PR]

香港(CNN) 麻雀は1800年代に始まったとされる。現在はアジアだけで推定3億5000万人がプレーしており、世界有数の競技人口を誇るゲームとなっている。

前回「変わりゆく香港麻雀事情、見つめ続ける牌彫師に聞く<上>」はこちら

香港の路地を歩いていると至る所で麻雀を見かける。香港の九龍地区に手彫りの麻雀牌の店を構える何秀湄さん(59)は一つひとつの牌を手で仕上げる。何さんのような彫師はもうわずかしかいないが、雀荘や家庭からはこれからも昼夜を問わず、牌を重ねる音が響いてくるだろう。

4人で雀卓を囲むこれまでのスタイルだけでなく、現在は携帯ゲームでのプレーや高級レストランに併設された麻雀室など、新しい麻雀文化が徐々に確立。愛好者の拡大に向けた取り組みも進められている。

「毎週日曜日はきょうだいと麻雀をやる」と語る何さん。「コミュニケーションが活発になる。お互いに十分なコミュニケーションを取れていない場合は、麻雀により雰囲気がほぐれることもある」と話す。

メールマガジン

[PR]