畳・座布団・日本庭園――世界で一番素敵なスタバ? 京都にオープン

2017.07.08 Sat posted at 10:00 JST

[PR]

(CNN) 畳に座布団、日本庭園。ガラスや金属を使ったいつもの店構えから一転、日本の伝統文化に囲まれてコーヒーを楽しめるスターバックスが、京都市内に誕生した。

スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店は、先月30日、伝統的な町並みがそのまま残る地区にオープンした。

築100年の木造家屋を改修した店舗は、まるでタイムカプセルで時を飛び越えてきたかのようだ。

スターバックスのロゴは、入り口にかかった紺色ののれんだけに控えめにあしらわれている。

文化的に大きな意味を持つ地域に店を構えるからには、その伝統建築を守り続け、将来にわたって地域になじんだ存在であり続ける責任がある。スターバックスコーヒージャパンの水口貴文・最高経営責任者(CEO)は、CNNとのインタビューでそう語った。

スターバックスは75カ国に2万6000店を展開する世界最大級のコーヒーチェーン。日本にはそのうち1260店がある。

京都市内でもこれまでに26店がオープンしているが、二寧坂の店はその中でも際立っている。あるいは、特によく溶け込んでいる、とも言えそうだ。

のれんをくぐって店内に入ると、1階のスペースからは伝統的な庭を楽しむことができる。2階には靴を脱いで上がる畳敷きの3部屋があり、掛け軸や京都・丹後の生地を使った座布団が用意されている。

メールマガジン

[PR]