香港の「香」を守れ――伐採で減少の香木、植林で再生目指す

香港(CNN) 中国本土からわずか2キロ足らずの林の中、深い茂みと大量の蚊に守られて、その木はある。樹齢200年になる野生の香木。「これが香木だということは、近くの村の人でさえも、私以外は誰も知らない」とチャン・クンウィン氏(54)は話す。

チャン氏は先祖代々受け継いできた事業として、香港で唯一の香木植林業を営み、過去4年で1万本を植えてきた。同氏の植林地の香木は、合計すると30万本にもなる。子どもの頃から一緒に育ってきた香木を守り、それを2人の息子にも受け継いで欲しいという思いは強い。

アガーウッド(沈香=ジンコウ)と呼ばれるジンチョウゲ科の香木は、かつての香港ではありふれた存在だった。数百年前まで香港は香の主要供給地で、香港の「香」の名はこれに由来するとの説もある。しかし不法な伐採によって今では希少な存在になった。

チャンさんにとっては香木を保護したいという思いだけでなく、実入りの良さも魅力だ。若木は1本当たり600ドル(約4万6000円)の値段が付く。植林した1万本を売れば、数百万ドルになる計算だ。

しかも10年待てば、香やハーブティーの原料のハーブ、漢方薬の原料になり、さらに大きな収益が期待できる。この木から作られる彫刻は12万5000ドル(約1000万円)にもなるといい、ウェブサイトや口コミで聞きつけたバイヤーが、台湾や中国本土から買い付けに来る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]