イタリアが他国に勝る10のこと

ジェラートやティラミスなどデザートもイタリアが誇るものの一つ

ジェラートやティラミスなどデザートもイタリアが誇るものの一つ

(CNN) ピザにパスタ、ベルディにコロッセオ、ファッションモデル――。イタリアが世界に誇るものは数知れない。

だが、旅行者はただパスタを食べに行ったり、遺跡を見に行ったりしているわけではない。恒例の見物コース以外で、イタリアで気づく10のことを見てみよう。

1.お世辞

イタリアで時々聞こえてくる「やじ」をお世辞ととらえるか否かにもよるが、イタリア人は、友人も、見知らぬ美しい女性もとにかく褒める。

イタリアでは、お世辞は古くから怒りや緊張を和らげる手段として用いられ、社会を円滑に動かす力になってきた。

ジャーナリストのルイジ・バルジーニは著書「イタリア人」の中で次のように書いている。

「イタリア人は、有利に立とうとしたり、ライバルを蹴落としたり、富と権力を得るためにお世辞を積極的に利用するが、イカが敵から逃れるために墨を吐くように、権力者、独裁者、暴君の目をくらましたり、混乱させるために防御的に用いることもある」

2.温泉

イタリア半島には380カ所ものスパがある。大規模スパ発祥の地であり、かつてローマ帝国が欧州を植民地化した時に欧州の各地に伝わった。

水を使ったセラピーを体験するには、イスキア島の天然温泉、トスカーナ州の温泉、温泉の町ボルミオの山の温泉、ガルダ湖の熱公園などがある。また、一部の地域では湧き出るミネラルを豊富に含んだ水を飲むだけでも健康になれると伝えられている。

イタリア政府も温泉や地熱泥パックの癒し効果を認めており、国民のために一部セラピーの費用を負担している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]