象が観光客のカメラつかみ「自撮り」 タイ

実は狙っていた? 観光客のカメラで象が「自撮り」

実は狙っていた? 観光客のカメラで象が「自撮り」

(CNN) タイのパンガン島で象が鼻を伸ばして観光客のカメラをつかみ、一緒に写った光景を「自撮り」する出来事があった。

タイに留学しているカナダ人のクリスチャン・ルブランさん(22)は2カ月ほど前、観光でパンガン島を訪れた。「ガールフレンドと一緒に島を歩き回っていると、2頭の象に出くわした。そこで、50セントで売っている餌のバナナをあげることにした」と振り返る。

しかしこの象は与えられたバナナだけでは満足せず、もっと餌が欲しいと鼻を伸ばしてきたという。「気付くとカメラをマウントごと取られていて、一生の思い出に残る自撮り写真を手に入れた」(ルブランさん)。

ルブランさんが持っていたのはウェアラブルカメラの「ゴープロ」。象に取られた後も、連続撮影で鼻の先からの光景をとらえ続けていた。

ルブランさんは、「象は非常に知能が高いので、意識した行動だったのではないかと思えてしまう」と話している。この写真はインターネットで注目を浴び、各国のメディアも取り上げた。

象が写真を自撮りしたというニュースはこれが初めてではない。英国のサファリパークでは昨年、観光客が落とした携帯電話を象が拾って自分の姿を撮影したと伝えられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]