VWの販売業者にハッキング、300万人分の顧客情報盗まれる

VWや傘下のアウディと提携する外部販売業者から、300万人分の顧客情報が盗まれた/Kyle Grillot/Bloomberg/Getty Images

VWや傘下のアウディと提携する外部販売業者から、300万人分の顧客情報が盗まれた/Kyle Grillot/Bloomberg/Getty Images

(CNN Business) ドイツの自動車メーカー大手フォルクスワーゲン(VW)や傘下の高級車ブランド、アウディと提携する外部販売業者がハッキングを受け、米国とカナダの顧客の連絡先情報が流出した。免許証番号のような詳細な個人情報が漏えいしたケースもあるという。

VWによると、基本的な連絡先情報を盗まれた人は300万人以上に上る。こうしたデータには電話番号、メールアドレス、郵便の宛先が含まれ、一部のケースでは車両識別番号も盗まれた。

VWは特に機微な情報を盗まれたアウディの顧客を中心に、米国内の9万人に連絡する対応を取った。

VW米国法人の声明によると、アウディ車やVW車の購入について問い合わせただけの人のデータも盗まれたという。

データは2014~19年の間に収集されたもので、VW、アウディおよび両社のディーラーが使う外部販売業者から盗まれた。VWによると、これらの情報はマーケティング目的で収集・保管され、安全でないファイルに入れられていた。外部販売業者の名称については明かしてない。

VW米国法人は声明で、「現在または将来の顧客に不便をかけることがあれば遺憾に思う」と述べ、個人や自家用車に関する情報提供を求める不審なメールなどに警戒を怠らないよう呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]