米スタバ、ビットコインでの支払い可能に 新プラットホームに参加

スターバックスでの支払いに仮想通貨が利用できることになりそうだ/SAUL LOEB/AFP/Getty Images

スターバックスでの支払いに仮想通貨が利用できることになりそうだ/SAUL LOEB/AFP/Getty Images

ニューヨーク(CNNMoney) コーヒーチェーン世界大手の米スターバックスが、仮想通貨の新しいプラットホームの構築で、米マイクロソフトや、ニューヨーク証券取引所を傘下に持つインターコンチネンタル取引所と提携すると発表した。このプラットホームを通じて、スターバックスの利用客は、ビットコインなどの仮想通貨で支払いができるようになる。

新しいプラットホームは11月のサービス開始を予定している。スターバックスの利用客がいつから、このプラットホームを利用できるようになるかは不明。

新しいプラットホームの名前は「バックト(Bakkt)」。利用者は仮想通貨を保管したり、商品を購入できたりするようになる。

スターバックスが直接、仮想通貨を保管したり受け取ったりすることはないが、バックトが仮想通貨を米ドルと交換することでスターバックスの店舗での利用が可能となる。

支払いに仮想通貨の利用を取り入れる米企業はスターバックスが初めてではない。インターネット小売りのオーバーストックや、旅行サイトのエクスペディア、マイクロソフトなどがビットコインによる決済を認めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]