PC不具合に「キレて」、銃弾8発撃ち込み破壊 米男性

PC不具合に「キレて」、銃弾8発撃ち込み破壊

(CNN) 米コロラド州コロラドスプリングズの警察は23日までに、同市居住の男性が思うように操作出来ないコンピューターに怒りを爆発させ、裏の路地に持ち出して銃弾8発を撃ち込んで壊す騒ぎがあったと報告した。

地元警察の始末報告書によると、男性は過去数カ月間、コンピューターとの格闘にうんざりしていたという。

男性は、ロサンゼルス・タイムズ紙の取材に応じ、余りにも多くのエラー表示の画面などが出て不満がたまりにたまり、「限界に達した」と告白。銃弾を浴びせた後は素晴らしい気分になったとし、自らやったことを後悔していないとも主張した。

男性が目の敵にしていたコンピューターは「デル」社の製品。

男性は市内で小火器を発砲した容疑に問われている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]