ザッカーバーグCEOの労働時間は「週に50時間」

2015.04.16 Thu posted at 12:24 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米交流サイト(SNS)大手「フェイスブック」のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は14日、同氏の週あたりの労働時間が50~60時間だと明らかにした。フェイスブックの同氏の公式ページ上で質問に答えた。

ただしこれはあくまでも、オフィスで働いたり会議に出たりしている時間の合計。仕事の定義を広く捉えるならば、「生活全部」が仕事の時間だとも語っている。

1日あたりの労働時間を尋ねられたザッカーバーグCEOは「何を仕事と考えるかによって答えは変わる」と述べた。「私は世界をどうつなげようかとか、コミュニティにより貢献するにはどうしたらいいかを考えてほとんどの時間を過ごしている。だがその多くは、オフィスや会議の場にいたり、実際の作業をしている時間ではない」

「1人で読んだり考えごとをしたりする時間をたくさん取るようにしている。オフィスにいる時間だけで言うなら、週に50~60時間を超えないだろう。だがわが社の使命について考えている時間すべてを勘定に入れるなら、基本的に生活全部が仕事時間だ」

CEOと言えば、長時間働いて家族を顧みないというイメージがある。だが、ザッカーバーグ氏は大半のCEOよりも良好なワークライフバランスを実現しているようだ。食べる肉は全て狩りで調達しようとしたり、中国語を勉強したり、2週間に1冊のペースで新しい本を読む努力をしたりしているという。中国語の勉強法についての質問には、上達のカギは「時間をかけ、心にしみこませること」だと語った。

メールマガジン

[PR]